評判のNULLリムーバークリーム体験レビューサイト

抜群の効果があると評判の評判のNULLリムーバークリームは本当なの??

0a3cdd6180dc95e2b4a9c280320e8254_s

Q&A~こんな時どうする? 豆知識

ゴリラのような私も実感!除毛にまつわる間違い!?

2016/09/07

私は小学校の頃から毛深いことが本当にコンプレックス。まるでゴリラ見たくて悩みものでした。カミソリで剃ると余計濃くなって見えるというか、とにかく濃い毛が嫌で嫌で。毎日のようにうまく処理する方法を探していました。

そこで強力な効果を実感できるということで楽天やアマゾンなどでも上位入賞してるNull リムーバークリームならゴリラな私を変えてくれると期待して購入を決意。

>>体験レビューはコチラ<<

すっきりと効果を実感することができました。除毛しながら気づいた勘違いの多い除毛のポイントを解説したいと思います。

除毛というと、除毛クリームと脱毛クリームを分けて認識されている方がいるんだけど間違っています。

脱毛というと、根毛まで綺麗に処理することを指しますが、例外的に脱毛クリームは毛根まで処理できません。なぜかというと、毛穴の奥の奥までクリームが入り込むことができないから。

でも、処理前に皮膚に温めて毛穴を開かせることで多少奥に入れることは可能かもしれませんが、肌の負担を考えるとお勧めできません。

世間で言われる脱毛クリームは除毛クリームのことを指すとまず、理解しておいてください。それに脱毛クリームだから効果が強いとかもありません。広告などを見ていると、まるで脱毛したかのような写真が載せられているから、勘違いしやすいですが本当は毛穴に毛があります。

除毛・脱毛クリームの主成分「チオグリコール酸カルシウム」 とは?

除毛・脱毛クリームの主成分は「チオグリコール酸カルシウム」と言って、ほぼどんな除毛・脱毛クリームでも配合されています。

この成分は毛の主成分であるケラチンタンパク質に作用するのです。チオグリコール酸は、ケラチンの構造中のシスチン結合と言う強い繋がりがあってその結合を切断します。

切断されるとケラチンタンパク質が主成分の毛は弱くもろくなります。そこへパパインや尿素などと言った他の成分が作用してペプチド結合やタンパク質を切断、分解して毛を壊していくのです。

その一方、皮膚もタンパク質でできているので肌にも少なからず刺激があることを忘れないでください。そのため、ダメージ受けた皮膚を他の成分でそれを補助、修復する必要があります。

 NULLリムーバークリームの保湿成分がスゴい!

NULLリムーバークリームは、アロエエキス2、ノバラエキス、ノバラ油、尿素、流動パラフィン、濃グリセリン、リン酸など保湿成分が豊富に含まれていることがメリットの一つです。

それぞれについて少し解説いたします。

  • アロエエキスがより浸透しやすいように尿素が角質を柔らかくすることで浸透しやすくしています。尿素は保湿だけでなくターンオーバーを促す成分で修復の効果も期待できます。
  • 刺激成分を防ぐために、グリセリンやパラフィンは肌表面に蓋をして保湿しながら防ぎます。

刺激があまりないのはこれらの成分作用のおかげなのですよ。それに処理後のしっとりした感覚もこれらの成分が配合されているからだったのです。以上、脱毛クリームの間違った認識とそれらの作用をカバーする成分についてでした。

 

-Q&A~こんな時どうする?, 豆知識